ショアジギングの基本&応用戦術を完全マスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メタルジグの強みは何といっても遠投性と全層をカバーできるサーチ能力の高さ。単調な釣りにならないよう、ジグのタイプの使いわけやそれらの特性を生かすためのジャークパターンを駆使してプラッギングではカバーできないシチュエーションにもしっかりと対応しよう‼

解説:西口元晴

スポンサーリンク

ジグならではの強みと使いわけ

昨今の青物ゲームはダイビングペンシルなどのプラッギング全盛の時代で、ジグの出番が減っているようにも感じられる。ジグの釣りについては「体力的にしんどい」という意見もよく聞かれる。確かに100㌘前後のジグをフルキャストしてシャクり続けるのはツラいが、ショア青物ゲームではルアーを投げ続けることがヒットへの近道でもあり、もとより体力的な負担が大きい釣りである。また、ジグにしか反応しない日も多く、1日を通して最もチャンスを作りやすい面もある。

具体的にジグが効果的となるシチュエーションはベイトがアジのときだ。そして、アジは1年を通して青物のベイトとなっている。トビウオ、サンマ、サヨリなどのベイトにつくときはダイビングペンシル、イワシがベイトならどんなルアーにも好反応を示すが、底付近を回遊するアジに関してはボトムをじっくりと探れるジグが圧倒的に有利となる。特に足もとからドン深の地形で水深のあるポイントでは、オフショアジギングに近い感覚で釣りができるため積極的にジグを使ってヒットに持ち込みたい。

ウェートは60~150㌘までを用意するのが基本だが、メーンに使用するのは90~120㌘程度。タイプはフロントバランス(食わせに特化したアクション&スローなサソイが特徴)、センターバランス(万能型)、リヤバランス(飛距離&底取り重視)、ロングジグの計4タイプにわけて考えればいいだろう。それぞれの特徴は以下の通りだ。

ロングジグ

ヒラマサ狙いや、足もとから水深があって沖に向かってさらに深くなるポイントで活躍する。ヒラマサ狙いではダイビングペンシルによる誘い出しが主流になりつつあるが、以前はロングジグがセオリーだった(2005年ごろに登場したロングジグによりヒット率が飛躍的に上がった)。
また、水深があるポイントではドテラ流しのオフショアジギングでロングジグを扱うのと同じような感覚で使用できるため、そのポテンシャルを引き出しやすいシチュエーションだといえる。

センターバランス

ヒラマサ狙いを除くと最も出番が多いタイプで、あらゆる状況やアクションに対応する万能型。状況をチェックするためのパイロットとしてもおすすめだ。ダート幅が大きいタイプはワンピッチジャーク、小さいタイプはワンピッチとジャカジャカ巻きでスイミングさせるようなアクションがマッチする。

リヤバランス

飛距離を稼ぎたいとき、潮流が速くて底を取りにくい状況などで使用。アクションはジャカジャカ巻きによるスイミングがメーン。安定したフォールで着底が判断しやすく、より軽量なジグを使えることで底層をスローに探れるのが強み。

フロントバランス

低活性時や根魚狙いなどで活躍。ラインスラックを意識したワンピッチジャークでフォールを効果的に組み込むのがコツだ。比較的扱いやすく、ビギナーでも釣果を上げやすいタイプといえる。

以上、ポイントの状況やターゲットに応じてタイプを使いわけることが重要だ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加