真冬の外房で待望の良型ヒラマサがヒットするも…|【SHORE SNIPER vol.27】

ヒラマサ・外房1

本命のヒラマサとの出会いを果たすべく、できる限りフィールドに足を運んでいる私。そんな中、外房の磯で念願のヒラマサと遭遇しました。しかし、あろうことか大きな後悔を残す結果に…

Text & Photo 大野 祐

例年にないほどの暖冬となっている2020年ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?  私はマイペースで磯に立っていますが、1月は本当に悔しくもったいないことをしてしまいました。今回は自戒を込めてその失敗談をご紹介させていただきます。

貸し切り状態の磯でヒラマサ狙い

1月下旬、降雪の予報が出ていたせいか、週末にも関わらず駐車スペースには車が1台だけとガラガラの外房。目当ての磯に降りると顔見知りの先行者がいたため、挨拶をしてご一緒させていただけることになりました。

この日の気温は3度で、黒潮の当たる温暖な外房では珍しい寒さとなりました。吹きつける北風に雪が降りそうな鉛色の空、そのような状況下で泳いで磯に渡ります。よくよく考えると、普通の感覚では考えられない行為ですね。ともあれ、この日は潮が緩く流れて鳥の姿も多く、なかなか期待できそうな雰囲気でした。

ヒラマサ・外房2
厳しい冷え込みに見舞われた当日は私と顔見知りのアングラーの2人だけ。海のコンディションはよさそうでした。


待望のヒラマサに対して痛恨の…

追い風&ベタナギの海面なのでダイビングペンシルを選択。さっそくキャストを開始すると、ほどなくして飛沫を上げながら魚がバイトしてきました!!  残念ながらこれはミスバイトに終わりましたが、期待に胸を膨らませてキャストを続けます。

すると20~30分後に同じ場所で同じようなバイトが!!  今度はしっかりとした手応えが伝わり、フッキングもガッチリと決まりました。首を振る感触や走りの重量感から、それなりのサイズのヒラマサと判断。根はそれほど荒くないポイントなので、じっくりとファイトして寄せてきました。

磯際まで寄せてきたとろで最後の突っ込みを見せるヒラマサ。これをロッドの溜めで凌いでいると、フッとテンションが抜けてしまいました。痛恨のバラシです…。ラインをチェックすると、リーダーとルアーの接続部が切れていました。

ヒラマサ・外房3
久々に手が届きかけた良型ヒラマサでしたが…。最近はフィールドの不調から特にチャンスが少なくなっているだけに残念でなりません(写真は過去の釣果です)。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう