新感覚エギングロッド『アレス・DREAMS MASAYUME MAKI』〜究極の抱かせメソッドを演出〜|Best Choice Tackle

エギングロッド・アレス・DREAMS MASAYUME MAKI1

まとめ:編集部

巻きの釣り専用ロッド『DREAMS MASAYUME MAKI』

エギングにおいて潮が効いているポイントで巻きの釣りやドリフト釣法が有効となるのは、みなさんご存じの通り。タダ巻きはエギング創世記から用いられているメソッドであり、今も巻きの釣りを軸にアプローチを組み立て、結果を残すエキスパートも少なくありません。状況によっては究極の抱かせメソッドといえるでしょう。

そんな巻きの釣りに現代風のアレンジを加え、シャクリをゼロにしてリトリーブ&ドリフトをコンセプトに開発された新感覚エギングロッドが『DREAMS MASAYUME MAKI』です。

『DREAMS MASAYUME MAKI』はロングレングスながら高感度

巻きの釣りの威力を最大限に発揮するために9.2㌳というロングレングスながら高感度を実現。さらに『DREAMS MASAYUME MAKI』が目指したのはハンドリングのよさ。餌木を動かしながらアオリイカを掛けようと思えば、操作性のよさが不可欠となるからです。

通常、ロッドは長くなるほど感度や操作性が低下しますが、『DREAMS MASAYUME MAKI』はブランクスの素材やガイドセッティングなどを徹底的に追求することでその問題を払拭しました。

特にブランクスは従来の超高弾性40tカーボンと、4軸カーボンよりもさらに高弾性、高密度の超極薄高密度4軸カーボンの組み合わせを全身に使用。形状復元力の速さに大きく影響するネジレ方向への力をさらに効果的に抑制し、ブランクスのエネルギーロスを抑えることに成功しました。

これによりブランクスの直進性、伝達性が飛躍的に向上。ロッドのポテンシャルを極限まで引き出し、卓越した感度をはじめ、振り抜き、飛距離、キャスト精度、操作性など、あらゆる性能を高次元で合わせ持つロッドとなりました。

現在のエギングシーンにおいて、特にデカイカを攻略するにはシビアなアプローチが不可欠。そういった意味でも精度の高い巻きの釣りが展開できる『MAKI』が大きな武器になることは間違いないでしょう。

エギングロッド・アレス・DREAMS MASAYUME MAKI2
竿抜けポイントにアプローチしやすいのもロングレングスの強み。
エギングロッド・アレス・DREAMS MASAYUME MAKI3
高感度を実現するためにガイドセッティングもとことん追求。

『DREAMS MASAYUME MAKI』のラインナップ

■902L…全長=9.2㌳/継数=2本/自重=117㌘/対応餌木=2.5~4.0号/適合ライン=PE0.5~1.2号/希望本体価格=76,000円
9.2㌳のレングスを感じさせない操作性のよさを誇り、シャクリにも対応。バランスがよく、しなやかなブランクスはアングラーの体力的な負担を軽減。巻きの釣りをコンセプトにしながらも、通常のシャクリの釣りにも対応する絶妙な設計となっています。

■902ML…全長=9.2㌳/継数=2本/自重=118㌘/対応餌木=2.5~4.0号/適合ライン=PE0.5~1.2号/希望本体価格=77,000円
巻きの釣りにより特化したモデル。やや張りのあるブランクスによってリトリーブ時のアオリイカのアタリをしっかり手もとに伝えてくれます。このモデルの場合、ロッドワークによるアクションとしてはショートピッチのスナップジャークがメインとなりますが、シャクリというよりはトゥイッチに近い感覚で操作するのがコツ。

※メーカーの商品サイトはコチラhttp://ares-rod.com/item/2137)。

【解説動画】アレス・DREAMS MASAYUME MAKI

この記事が気に入ったら
いいね!しよう