ライトイノーゲームのススメ ~根掛かりを制す者はイノーを制す!!~|【いちゃりば釣Day!! 其の五】

ライトゲーム・沖縄の釣り1

今回はゴムボートでリーフフィッシングを楽しんできました。根掛かりとの戦いとなる超シャローのライトゲームは非常にエキサイティング。沖縄のさまざまな魚が相手をしてくれました…

Text:金城じょにぃ/Photo:ヤマちゃんさん

内海のリーフでライトゲーム

ハイサイ!! どうもみなさまこんにちは。初めましての方は初めまして。そうでない方は投稿が遅くなり申しわけありません!!  事前に釣行計画を立てると当日は必ず悪天候になる金城じょにぃと申します。

最近は本当に天候に恵まれず、なかなか釣りに行くことができなかったのですが、あえて事前に計画を立てず、急に釣行するという作戦で天気の神さまを欺き、今回は何とか竿を出すことができました。地元、沖縄の青い海に広がるサンゴ礁を舞台にイノー(リーフ)フィッシングを楽しんできました。

サンゴ礁とはいうまでもなくサンゴが積もって形成された岩礁により作られる地形のこと。全国的にはリーフ、沖縄の方言ではイノーといいます。

ライトゲーム・沖縄の釣り2
手前はかなり浅く見えますが、水深1㍍ほどあります。この手前側だけでも水深30㌢から1.5㍍までかなり起伏の激しい地形となってるので、根掛かりには細心の注意が必要です(ちなみに、奥の海の色がかわる部分は一気に水深8㍍まで落ち込んでいます)。
ひとことにリーフといってもさまざまな場所があります。その中でも潮の流れが異様に速かったり、潮位によって急に波が高くなる場所は危険です。ある程度穏やかな場所で竿を出しましょう。

釣行当日はまだまだ強い陽射しが照りつける沖縄の朝日に包まれながらゴムボートに空気を入れて準備を整え、穏やかな内海のリーフへ向かいました。僕自身、かなり久しぶりの釣行だったので、目当てのポイントに到着するまで釣りたい気持ちを抑えることができません。道中もトップウォーターで広く探りながら移動しますが、まったくアタリがありません。でも、久しぶりの釣りは欲望まみれ(笑)。とにかくポイントに到着するまでにも投げ続けます。

結局、魚の反応が得られないまま目当てのイノーに到着しましたが、ここでも一心不乱にトッププラグを投げ続けます。久しぶりの釣りなのでこれだけでも十分に楽しいですね。

ひとしきりトップゲームを楽しんで満足(?)したところでようやくルアーチェンジ。ディープダイバーミノーに変更して表層からリーフの根もとまで一気に潜らせると、ボトムに当たった瞬間にファーストバイト!! ミディアムハードのロッドパワーと、力強く巻くことができるパワーハンドルで魚を一気に底から引き離して無事にキャッチしました。

ライトゲーム・沖縄の釣り3
30㌢クラスのヤミハタをゲット。根魚相手のイノーゲームはスリリングです。

空腹を忘れて夢中で釣り続ける展開に!!

リーフに到着してからは周囲の環境をよく観察し、ゴムボートをゆっくりと流しながらアプローチを続けます。そして、リーフ内でも比較的深い場所(およそ水深3㍍)をミノーで攻めますが、なかなかアタリが続きません。もう少していねいに探ればよいのでしょうが、お腹も空いてきたのでいつでも上陸できる無人島近くの水深の浅い場所(1~1.5㍍)へ移動。ここでボートをゆっくりと流すことにします。

シャローではウルトラライトのロッドに持ちかえ、少しコンパクトな釣りに切り替えました。同行の友人と今日の昼食に何を持参したかというクイズを出し合いながら、小型のシンキングミノーでポイントを広く探ります。そして、ルアーのトレースラインで最も水深が浅いところに差しかかったとき、底スレスレを通すイメージでジャーク&ポーズを繰り返すとヒット!!  ウルトラライトのロッドなので、ヒット直後にバットまで絞り込まれます。上がってきたのはマトフエフキ。かなりエキサイティングなファイトを楽しませてくれました。

ライトゲーム・沖縄の釣り4
フエフキ系の魚は引きが強いため、ラインブレイクさせられないように注意が必要です。

そろそろ昼食の時間を迎えますが、空腹も忘れて夢中で釣り続けます。このときは先ほどヒットしたパターンに再現性があるかどうかが気になっていました。友人が昼食の話題を振ってきましたが、それよりも遥かに気になります!!(笑)。

というわけで、先ほどと同様に窪みや隆起した岩があるポイントをチェック。そして、岩の頂上をかすめるイメージでジャーク&ポーズを入れると狙い通りにヒット!!  そこから連発劇が始まりました。「あと1匹、あと1匹」という感じで釣り続け、ふと時計に目をやると、とっくに正午を過ぎていました。ここで無人島に上陸し、みんなで昼食を取ることにしました。

ライトゲーム・沖縄の釣り5
このようなサイズの魚にたくさん遊んでもらいました。写真のヤミハタは横着にファイトしていたら一瞬で根に潜られました。そこで、ボートで潜られた場所に回り込んで引きずり出し、何とかキャッチすることができました。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう