シビれるような釣趣が魅力!! 《2019後半戦》サクラマス&レイクジギングの総括|【マニアな仲間たち vol.5】 | SWマガジンweb | 海のルアーマンのための総合情報メディア

シビれるような釣趣が魅力!! 《2019後半戦》サクラマス&レイクジギングの総括|【マニアな仲間たち vol.5】

サクラマスジギング  レイクジギング13

春以降は大きな群れが入り、連日のように好釣果が上がった東北のサクラマスジギング。一方でレイクジギングの可能性が広がったことも今後に向けた大きな収穫となった…

Text & Photo 西本康生

釣りが合わなければサクラマスは…

徹底的にサクラマスを釣ろうと考えて迎えた今シーズン。4月に入ると岩手の海は大きくかわっていた。サクラマスの大きな群れが入り、各船ともに好調の様子が連日SNSを賑わしていた。そんな中、私自身も4月はサクラマスを狙って6日間沖に出た。

この地で5年ほどサクラマスジギングを楽しんできたが、これほど釣れたのは初めてだった。3㌔オーバー3匹を頭に「つ抜け」の日もあるほどだった。

サクラマスジギング  レイクジギング14
3㌔オーバーのサクラマス。やはりヒットした瞬間から重みが違った。
サクラマスジギング  レイクジギング15
4月の大船渡ではオオメマス(シロザケ)も釣れていた。写真上がサクラマスで下がオオメマス。
サクラマスジギング  レイクジギング16
「上州屋・新盛岡店」さんで開催したサクラマスジギングのセミナー。岩手県外のお客さんも集まってサクラマスジギングの盛り上がりを感じ、トークにも熱が入った。

それでも新しいジャークを覚えようと新しい釣りを試した日は悲惨だった。周囲は入れ食いの中、私だけアタリがないのだ。

釣りが終わって竿頭の方に「どうやって釣っていたんですか?」と質問したところ、「この間、西本さんに教えてもらった通りに…」という答えが返ってきた。どこの西本さんが教えたのだろうかと思ったが、いくら釣れている状況でもジグやジャークが合わなければサクラマスは振り向いてくれないということである。

サクラマスジギング  レイクジギング17
サクラマスの反応(斜めに出ているのはジグの軌道)。この反応でも新しいジャークでは釣れなかった。

リリース前提の大会を開催

4月の中旬には「ディープライナーカップ」と銘打って60名ほどの大会を開催した。キープできるサクラマスは1匹だけ。あとはリリースポイントを付与する形のルールとした。

結果は参加64名中54名に釣果があり、総匹数は101匹。その半数以上となる61匹がリリースされ、すべてリリースした方は16名もおられた。

リリースを主体とした大会にたくさんのアングラーが参加し、多くのサクラマスがリリースされたことがとても嬉しかったし、未来のジギングを考えると大いに意義のある内容となった。

サクラマスジギング  レイクジギング18
「ディープライナーカップ・サクラマスジギング大会」には64名の参加者が。リリース主体の大会なので釣れた魚の写真がない。
サクラマスジギング  レイクジギング19
静岡の仲間もサクラマスジギングを楽しんでくれた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SWマガジンweb特設サイト