厳寒期のメバル・チヌ・スズキを攻略するMLG(ミディアムライトゲーム)|【ほぼ月刊・武田  栄! vol.2.5】

メバル・チヌ・スズキ ミディアムライトゲーム1

良型のメバルが期待でき、チヌやスズキも潜むような場所ではMLG(ミディアムライトゲーム)が有効。分かりやすくいうと細糸と高機能プラグを駆使した表層の釣りですが、魚の反応が乏しい厳寒期でも可能性を感じさせてくれるアプローチなのでぜひ試して下さい!!

解説:武田 栄

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

厳寒期のSWゲーム

厳寒期まっただ中ですが、厄介なことに海中はカレンダーとややズレが生じて3月、4月?に入ってもまだまだ冬です。普段、僕がよく楽しむスズキやチヌ・メバルなどは産卵を終え、春~夏に向けて接岸&捕食を始めるという季節(アジは季節移動があるので少し事情がかわります)。近年ではマイクロベイトパターンなどと呼ばれる釣りが中心となる時期です。

餌の豊富な沿岸部(浅場)に戻ってきた魚たちにとっては体力を回復させるべく、潮通しがよくて身を隠しながら餌を捕食できる、深場に隣接した浅場がメインステージとなります。ブレイクラインではそろそろワカメや春の藻も伸び始め、春のピークに備えた状況となります。これによくもわるくも三寒四温という天候の変化が加わり、釣りやすかったり、釣りにくかったりという状況を繰り返します。

春はマイクロベイト、確かにそうではあるけれど、そうでもない部分もあって…(笑)。スズキなどはアフタースポーンの回復魚なら低活性気味ではあるものの、いざ食べごろの餌(ベイト)がくればスイッチオン!!  大型プラグにも果敢にアタックしてきます。サヨリや季節外れのイワシなどの回遊があれば初冬の釣りと同じく、大型プラグやベイトタックルなどでも楽しめます。もちろん、静かなナギの日はスローかつ、ていねいに狙うスズキ釣りも成立する季節。そこで今回は「MLG(ミディアムライトゲーム)」と名づけたこの時期特有のアプローチについて紹介しましょう。

メバル・チヌ・スズキ ミディアムライトゲーム2
ベイトの回遊状況によっては大型プラグやベイトタックルなどによるシーバスゲームが楽しめます。
メバル・チヌ・スズキ ミディアムライトゲーム3
一方でイレギュラーなベイトパターンに左右されないアプローチがMLGです。

 

多魚種を見据えたMLG

この時期にできるだけ手軽にメバルだけを狙うなら、超マイクロジグヘッドを装着したマイクロジグ単(ジグヘッド+ワーム)の釣りが有効なことは周知の事実。これは風がなくて釣りやすい状況と、小さいながらもたくさんのメバルがストックされているであろう場所(漁港内や湾内など)でのパターンです。

メバル・チヌ・スズキ ミディアムライトゲーム4
もちろん、穏やかな日に実績場でメバルを狙う場合はマイクロジグ単が有効です。

一方、沖の潮が走っているような外海に面した場所や中~大型河川(運河)の河口域、大きなワンドなど、良型のメバルが期待でき、チヌやスズキも潜むような場所ではその3魚種が主なターゲットとなります。この20㌢弱のメバルからマイクロベイトに反応するチヌやスズキを想定した釣りが「MLG」です。PE0.4~0.6号+リーダー2~3号に、5~7㌢の高機能プラグを駆使した表層の釣りとなります。

今ではハイシーズンのデイゲームなど、比較的細いラインで楽しめるスズキ釣りではあるけれど、僕は通常あまり細糸は使いません。糸が切れるのは釣り人の責任で、魚にわるいと思っているからです。

で、なぜこの時期は細糸でスズキも狙うのかというと、時期的にあまり引かないから。もちろんバイト後の引きは強いですし、ジャンプもしますが、この時期は力強いファイトが長続きせず、弱りやすいこともあってライトゲームロッドにPE0.6号以下のタックルで十分優位に立てます。加えて細糸を使うことでメバルも狙えることが利点。そしてこのパターンは晩春、いわゆるバチ抜けシーズンまで続きます。

メバル・チヌ・スズキ ミディアムライトゲーム5
メバル・チヌ・スズキ ミディアムライトゲーム6
多魚種を視野に入れて効率よく楽しみましょう!!

 

実釣の手順

ポイントに着くとまずは海の様子を確認します。メバル・チヌ・スズキともに自分のテリトリーに餌が入ってきて活性が上がり出すと、単発ながらライズやボイルを見せるので、そうなれば釣りを開始。厳寒期ゆえイージーに釣れる日もあれば、「何かが合わない」とまったく反応してくれない日もあるのが特徴です。

その「何かが合わない」のはルアーやアプローチに問題があるときもあれば、水温や水質など厳寒期ならではのアチラの理由もあります。真冬なのでコンスタントな釣果は期待せず、「こんな季節でも釣れる可能性があるな…」と思わせてくれるありがたい釣りなので、みなさんも心してトライしてみて下さい。まずは防寒対策を万全に、そしてファインタックルの釣りなのでくれぐれもランディングネットはお忘れなく!!

メバル・チヌ・スズキ ミディアムライトゲーム7
よい日並みに当たればイージーにヒット。まずは海の状況をしっかりと観察することが先決です。

MLGタックル

【ロッド】
Go-Phish・ul76 power seven torzite

【リール】
2500番クラス

【ライン】
サンライン・スモールゲームPE-HG0.4~0.6号
Amazonで見る

【リーダー】
サンライン・スモールゲームリーダーFCⅡ8~10Lb
Amazonで見る

【ルアー】
Go-Phish・ピットスティック86GP ライトウエイトモデル
Go-Phish・ピットスティック65GP ライトウエイトモデル

タックルハウス・SHORESプラグ各種

【ランディングツール】
TOOL・ランディングフレームino+(ランディングシャフトは各種)
Amazonで見る


【武田 栄・プロフィール】

先鋭のフィッシングギヤブランド、Go-Phish(ゴーフィッシュ)主宰。釣り研究家。メバルやアジ狙いのライトゲームからチヌ・シーバス・磯のヒラスズキまでさまざまな釣りに精通。「おもしろくなければ意味がない!!」をモットーに「タケダ式」と名づけた独創的かつ効率的な釣り方の研究に情熱を燃やしている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう