フィッシングショーOSAKA 2019 |注目アイテム紹介【ショアゲーム編 PART1】

2019フィッシングショーOSAKA 新製品タックル1

『フィッシングショー OSAKA2019』に展示された多数のタックルの中からSWマガジンweb編集部が注目する釣り具をピックアップ。新製品を中心としたアイテムの性能や特性を動画でチェックしよう!!

エバーグリーン・ポセイドン ソルティセンセーション スペリオル

実釣における究極の性能を求めたライトゲームロッド。最新のブランクス設計と徹底的な贅肉の排除により実現された軽量性は振動や抵抗感の伝達性能を引き出し、ターゲットの気配すらとらえる超絶感度をさらに研ぎ澄ませると同時に、運動性能を高め、ロッドティップを意図したぶんだけ動かしてピタッと止める、まるで自らの指先を操るかのような極めてダイレクトな操作性を実現。さらに、進化するライトゲームシーンにより高次元で対応するために選りすぐられたラインナップがこれまで釣りきれなかった手強いターゲットへの肉薄を可能にする。

ソリッドティップ スピニングモデル

SPRS-60XUL-S ファインセンサー
■全長=1.82㍍/■標準自重=48㌘/■適合ルアー=0.1~2㌘/■適合PEライン=0.1~0.3号/■価格=53,000円(税別)

SPRS-63SL-S スペリオル
■全長=1.90㍍/■標準自重=50㌘/■適合ルアー=0.1~3.5㌘/■適合PEライン=0.1~0.3号/■価格=54,000円(税別)

チューブラーティップ スピニングモデル

SPRS-70L-T スカウトマスター
■全長=2.13㍍/■標準自重=55㌘/■適合ルアー=0.4~10㌘/■適合PEライン=0.2~0.5号/■価格=53,000円(税別)

■メーカーの商品サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう