スローピッチジャークの強みを生かしてカンパチ&ブリを攻略しよう!!

スローピッチジャーク カンパチ&ブリ1

「ハイ→ロー」の細かい速度変化を意識して多彩な攻め手で魅せられるのがスローピッチジャークの強み。特にカンパチやブリといった青物に関してはスピード変化が有効となるから…

解説:山本啓人

ホームエリアの特徴

ホームの中~南紀エリアでは晩秋になると黒潮の影響でまっ黒だった潮色が青みがかり、激流だった沖の潮も少しずつ穏やかになっていく。このタイミングで毎年恒例の青物祭りが始まる。メインターゲットはシオやブリだ。

夏から秋口に北上してきたイワシの居残り組、さらに遅れて北上してきたイワシや小アジが青物のメインベイトとなり、越冬に向けた荒食いが始まる。ポイントは瀬回りや漁礁などが一般的で、同エリアの場合はバーチカルに狙うパターンが主流である。

そして、和歌山は切り立った瀬が多い。おおむね港や海岸線から数㍄のポイントを狙うのだが、これは和歌山の地形的特徴でもある。切り立った山が多く、海岸線も同様に高い磯が多くて、そのまま海中の地形変化に繋がっている。このようなポイントをドテラ流しで攻めると根掛かりが多発して非常に釣りづらい。したがって切り立った根回りなどのピンポイントをバーチカルに狙うパターンが主流となるわけだ。操船は船長によって異なるが、ポイント直撃や少し離れた場所から潮や風に乗せて流していくパターンがメインとなる。

パイロットジャーク

1投めはカンパチを意識しながら潮の状況を把握することに集中する。なお、和歌山では特大カンパチが年に数匹キャッチされている。近年では70㌔というモンスターをはじめ、餌釣りでは20㌔台が数多く上がっている。ジギングでも大物が掛かっているのだが、ラインを切られるケースが多いのが実情だ。

いずれにせよ1投めは期待と緊張が入り混じった状態でのアプローチとなるが、基本的に底から10巻きまでのレンジで掛かると危険であり、少しでも上層でヒットさせる方がその後のファイトが有利となる。そういったことに注意しながら潮ヨレや壁を捜すため、1投めは必然的に速巻きとなる。

潮の変化を感知することでバイトレンジを見極める。「潮の変化する場所=捕食レンジ」にもなるし、ターゲットがそれ以上は餌を追いたくないという境界になる可能性もある。ヨレや壁は水質や水温変化をともなうため、よい場所にもわるい場所にもなりえる。まずはそのよしあしを見極めたい。

たとえば、底から10㍍のタナで魚探に反応が出ていて、底から20㍍のレンジで潮の変化を感じたとしよう。この場合、底から20㍍までのレンジでしかアタリがでないのか、それより上層まで上げても食ってくるかで狙い方が大きくかわるはずだ。そういった意味でも潮の変化を感じ取ることは非常に重要である。

ジグはセンター重心、もしくはセミロング形状でフォール5、上げ5ぐらいのバランスのものが引き重りも少なく、潮の変化を捉えやすい。アプローチは誰よりも先に着底させたいのでキャストせずまっすぐ落とす。投げると潮を噛んでフォールが遅くなるので要注意だ。

アクションは前述のように、まずはやる気のある個体に食わせるイメージでスピーディーに誘う。大型のヒットも意識してリールハンドル10回転ほど速巻きで上げたら1/2ピッチジャークを1回入れる。そこから再び速巻きで誘い上げ、潮の様子を確認しながら食わせにかかる。

速巻きのコツとしては、リールの回転に合わせてロッドをシャクるとジグが横を向いてしまう。こうなると底切り目的の速巻きで食ってくる可能性もあるので、竿を曲げたままでの最速巻きを意識したい。柔らかい竿とハイギヤタイプのリールを組み合わせ、ロッドをやや立てるといいだろう。

スローピッチジャーク カンパチ&ブリ2
底の荒い瀬でカンパチを狙う場合は、できるだけボトムを切った状態で掛けるのが理想。そのため、1流しめは必然的に速巻きからのスタートとなる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう