ショアヒラマサ・ヒット率アップへの取り組み

ショア青物ゲーム 大型ヒラマサ1

大型ヒラマサは時間を費やして追いかけるのに不足のない相手。まずは狙いのポイントを知り尽くすところからスタートし、信頼するルアーを気持ちよく泳がせ続ければチャンスは必ず訪れるから…

解説:越智信清

スポンサーリンク

ヒラマサ狙いの魅力

私が最も情熱を注いでいるのは地磯でのヒラマサ狙いである。めったに出会えない大型ヒラマサの行動パターンを読み、根気よく磯に通うことで年々遭遇率がアップしているのでやめられない。

読み通りにヒラマサがヒットし、勇ましい魚体を手にしたときの感動はたまらないものがある。しかし、今のところ大型とのファイトは負け越している。その点が私を一段とアツくさせる理由かもしれない。

確率アップの要因

釣行先を決める目安については、シーズンイン前の下見を兼ねた肩慣らし釣行を大切にしている。昨年の釣行記録や仲間の情報からいくつかの磯に目をつけ、シーズンインの前から釣行を重ねる。そして、ハマチなどを釣りながら潮流やシモリの様子、立ち位置を確認するようにしている。少々誤差はあってもシーズンに入ればそれなりに魚は回遊してくる。いざ本命の回遊があったときに落ち着いて釣るためにも、目当ての磯に慣れておく必要があると考えている。

また、シーズンイン後の情報には注意が必要だ。釣果情報を得て1週間後に釣行するとさんざんな結果に終わることが多い。これは情報が間違っているわけではなく、潮がほぼ真逆になることが原因と思われる。私自身、このようなケースで後手に回らないように、釣果情報は来シーズンの参考程度にとどめるようにしている。

そして、ヒラマサは回遊魚だが、何となくヒラスズキ狙いに似ているように感じている。実際にヒラマサはシモリやカケアガリ周辺の潮流が変化する場所を餌場としていることが多いようだ。それと、大型のヒラマサが出るときはハマチなどの他魚の反応がなくなる傾向がある。

ショア青物ゲーム 大型ヒラマサ2

ポイントの特性を知ることは非常に重要。通い込んで自分なりのデータを蓄積しよう。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう