【ショアジギング】青物のヒット率を上げるヘビーウェートジグ使い

ショアジギング 青物1

水面で青物の気配がないときもヘビーウェートジグでボトムを狙えば連発というケースもある。この場合、ラインの軌道を調整して底の変化を効率よく攻めることが重要となるから…

解説:越智信清

スポンサーリンク

ヘビーウェートジグの使いどころ

基本的にはプラッギングをメインに大型青物を追いかけているが、条件によってはジグが非常に有効となるケースがある。その条件とは「①地形変化の多い磯、②ナギ、③そこそこ水深がある、④激流(水面は一本調子の潮が流れている)」というもの。このようなときは朝まづめや潮がわりの一瞬で時合が終了し、プラグを投げていてもイマイチ勝負どころが分からないことが多い。そこでヘビーウェートジグの出番となるわけだ。

前述の条件下では底付近の方が食わせやすいと感じている。魚が高活性な場合を除けばプラグ、ジグにかかわらず口を使わせやすいのは流れの変化する場所である。そしてナギで魚の活性が低く水面に変化が見られなくても、底付近では激流がシモリにぶつかって湧き潮や巻き込み潮が発生していることがある。そこをダイレクトに狙えるのがヘビーウェートジグの強みであり、このパターンがハマれば激しいバイトが得られることが多い。

デメリットの克服法

ヒットポイントを探るために頻繁に底を取って地形を確認。しかし、根掛かりが頻発してイライラが最高潮に…。これがジグの釣りで最もダメなパターン。ピンポイントの釣りというのは、その場所でさまざまな条件下において何十匹という釣果を得てこそ導くことができる攻略法なので結構難しい。

しかし、実際には青物でもヒラスズキでもある程度捕食場所に近いところにルアーを通せば食いついてくる。助走をともなってルアーにバイトしてくるわけだ。だから、シモリ際を通そうとシビアに考え過ぎる必要はない。それよりもしっかりとルアーの波動を出して魚の側線にアピールし、そのうえで捕食範囲にアプローチすることがルアー釣りの真骨頂だと考えている。

プラグやジグにはそれぞれの個性があり、それこそが強みであり弱みでもある。ジグは全層を探れる反面、レンジキープが難しい。しかし、その難しさに対してウデの差がでるところがおもしろいのだ。とはいえ、個人的にはジグで底ベタを攻めることは諦めている。理由はスローな釣りになって手返しがわるくなるから。さらに、スローなアプローチでは食わせやすさと魚を引き込む波動の演出を両立させることが困難だと感じている。

ショアジギング 青物2

ボトムをシビアに攻め過ぎようとせず、バイトゾーンをある程度広く捉えてジグを通すように心がけたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう