【オフショアジギング】ブリ&サワラの攻略はスイミング系アクションがキー

オフショアジギング ブリ&サワラ1

ブリ&サワラに口を使わせるにはスイミング系アクションを軸に捕食しやすいベイトの動きを演出するのが効果的だ。また、その中ではベイトとなるイワシとターゲットの位置関係を考慮する必要があるから…

解説:中村 豪

スポンサーリンク

基本情報

秋の鳥羽~志摩エリアのジギングにおけるメインターゲットはイワシをベイトとするブリ(イナダクラスも含む)とサワラである。鳥羽と志摩ではシチュエーションがまったく異なり、同じ魚種を狙うにしても攻略のイメージがかわるので非常におもしろい。

鳥羽エリアは伊勢湾口に位置し、潮の干満が素直に現われるので、ベイトのつき場によって有望な潮回りがズレる。海溝に沿ったポイントがメインで、場所によっては潮が速過ぎて釣りにならなかったり、逆に流れないと時合がこないポイントもある。そのため、どうしても日ムラが発生するが、よい日に当たれば入れ食いになることも珍しくない。

一方、志摩エリアは太平洋に面した広大なフラットボトム、もしくは瀬回りがポイントとなる。鳥羽ほど潮汐の影響を受けにくいのが特徴だ。ピンスポットや筋でヒットする鳥羽では主に船を立ててアプローチするが、広範囲に青物が回遊するこのエリアはドテラ流しが主流である。

バイトに持ち込む実戦術

基本アクションとなるスイミングジャークのスピード、巻きだけにするか、ストップを織り交ぜるかは、そのときの状況によって工夫が必要だ。基本的な考え方としては追われているベイトの群れの数と、追っているターゲットの数の関係をはじめ、潮の状態とベイトの位置によって判断する。

たとえば、細かく分断されて捕食しやすくなったイワシ団子に複数のターゲットが狂ったようにアタックしている状態と、大量のベイトをたやすく捕食していてターゲットが落ち着いているときとでは攻め方がまったく異なる。

もちろん水中の様子は視認できないので、ともに行動している何隻かのルアー船の釣れ具合やヒットパターンで判断したい。探見丸など、自分の目の前に魚探があるとより分析しやすいだろう。

オフショアジギング ブリ&サワラ2

秋のメインターゲットはブリとサワラ。ベイトの捕食状況を把握して有効な攻め手を導き出したい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう