秋のショア青物ゲームはルアーの軌道で勝負!!【メタルジグ編】

ショアジギング 青物1

潮流にジグをなじませ、流れに乗せながらロッドワークでアクションを加えるのが基本。さらに魚との距離を意識したアプローチを実践することで…

解説:西口元晴

スポンサーリンク

フォール、レンジ、コースの3要素を意識

ジグで青物を攻略する際に私が重要視していることは次の3点だ。

ⓐ青物はフォール中のジグを見ている…ジグによるアプローチではキャスト後に必ず底を取るようにしている。そして、青物はフォールするジグを追尾してきていると考えているため、着底後はいち早く動かさなければターゲットがジグに対して興味をなくしてしまう。着底を確実に感知して素早くリールハンドルを巻くように心がけたい。

ⓑボトム周辺についている青物に口を使わせる…良型の青物は根についていることが多い。したがって着底後、数㍍のアクションが勝負となる。とにかく「気づかせる」「反応させる」「追わせる」ということを意識した軌道とアクションを心がけたい。具体的にはジグを跳ね上げるよりも、横方向に泳がせるイメージでアプローチすればヒットに持ち込めることが多い。

ⓒ海中の潮流変化をとらえる…たとえば、ジャカジャカ巻きなどは潮の変化をとらえやすいが、ステップアップを目指すならジグを潮に絡ませるワンピッチジャークで潮流変化をとらえるように意識したい。そうすればさらに細かい変化を感知することができるし、潮流にジグをなじませる(潮に乗せてアクションさせながら流す)感じで探ると、今まで以上にバイトを得ることができる。

ショアジギング 青物2
ショアジギング 青物3
ショアジギング 青物4


この記事が気に入ったら
いいね!しよう