【マゴチゲーム】ポイント選択&アプローチ法、釣果の近道を伝授!!

マゴチ 釣り方1

マゴチは砂地に住むカサゴというイメージ。ピンポイントを細かくていねいに攻めるのが攻略のキモとなるから…

解説:武宮隆史

マゴチ攻略のコンセプト

マゴチは水深10㌢程度の超シャローでも十分にヒットの可能性がある。深場でも釣れないわけではないが、夏場は圧倒的に2㍍以浅のシャローでのヒット率が高い。

底質は砂地が有望で特に泥に近い(粒子が細かい)場所を好む傾向がある。これは潮流との兼ね合いで少し泥質が残るようなカレント具合がよいということであろう。砂地オンリーや砂利では潮流が効き過ぎとなり、泥オンリーは逆に流れがなさ過ぎて期待薄ということになる。

特にウイードの繁茂するような場所などは波やウネリの影響を受けにくいが、水質や潮通し、ベイトの寄りなどがよい場合が多いので産卵を意識した個体を狙ううえではおすすめである。

他にもブレイクやサンドバー、船道や浚渫穴などの地形変化には複数のマゴチがつく傾向が強い。前述の底質でもポツポツとシモリや小石が混じる場所の方がそれに寄り添うように定位していることが多くヒット率も高い。ルアーをトレースしていて1~2㍍ごとにゴツゴツと小石に当たるようなポイントが有望である。

マゴチ 釣り方2

斜面を横切らせるようにトレース

マゴチの習性については砂地に住むカサゴと考えれば分かりやすいと思う。落下してくるものに対して強く興味を持つ半面、つき場から大きく離れての捕食行動は苦手のようである。同じ砂物でヒラメと同様のバイトパターンを想像される方も多いと思うが、長い距離を追いかけたり宙層以浅でのバイトはほとんどない。 

トップウォータープラグで釣ったことも何度かあるが、いずれも沖縄での釣果である。ヒットした理由はマゴチの種類の違いなのか、生息環境によるものなのかは定かではない。

というわけでテリトリー(捕食範囲)は結構狭いと考えられる。また、ポジショニングとしては海底の斜面に対して頭を上に向けて餌を待っていることが多い。

広範囲にかけての捕食が不得意(嫌い?)なため、捕食圏内にルアーを通し、そのポイントにどれだけ長くルアーを留めてアピールできるかが重要となる。狙い目となるポイント(地形変化など)に対してルアーをどれだけ細かくていねいにトレースできるかが釣果の分かれ目となるだろう。

極端な例では50㌢ほどトレースラインがズレるだけでバイトしないこともしばしば。また、魚のポジショニングの関係からアップヒルなルアートレースはあまり有効ではなく、斜面を横切らせるようなトレースラインが理想だ。

マゴチ 釣り方3
マゴチ 釣り方4

捕食範囲が限られているということを念頭に置き、細かくていねいなアプローチを心がけよう。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう