爆釣に導く夏の超攻撃的スタイル【カマス&メッキゲーム編】

カマス&メッキゲーム 釣り方1

夏のライトゲームでハズせないのがカマスとメッキ。いずれもルアーへの反応が良好で手軽に楽しめるのも魅力だが、より深く楽しむために押さえておきたいことは…

解説:中瀬直行

カマス狙いは漁港の出入り口に注目

夏場は漁港回りでカマスゲームが手軽に楽しめる。タイミングよく狙えば簡単にヒットに持ち込めて数釣りも可能。ポイントによっては車横づけで楽しめるのもうれしい。休日はもちろん、出勤前や仕事帰りの短時間でも遊べる。

ポイントについてはやはりフィールドに通い込んで自分で判断するのが一番だが、釣り具店の釣果情報などを活用するのも一手である。特にシーズン初期は回遊のある場所を見つけるのがなかなか難しい。

条件的には潮通しがよく、ある程度水深がある場所が望ましいが、港の奥に群れで溜まっていることもあるので覚えておきたい。朝夕のまづめどきは漁港の出入り口に当たる波止の先端部で竿を出すといいだろう。

先行者がいる場合は邪魔にならない程度に距離を空けて釣り座を構えればOKだ。特に盛期は混み合うことが多いので周囲のアングラーに声をかけ、譲り合いの精神を持って楽しみたい。

カマス&メッキゲーム 釣り方2

実績ポイントは盛期になると混雑することも多い。それを避けるためにもフィールドに通い込んでポイントを見る目を養うことも意識したい。


明るくなってからが勝負

カマスゲームでは時合の見極めが大切だ。朝夕のまづめどきはハズせないタイミングだが、特に朝の方がよく釣れるように思う。ただ、同じポイントでも朝は不調だったのに夕方に爆釣するというケースは珍しくない。

基本的な狙い方の流れとしては、夜明け前にポイントにエントリーして漁港内や潮通しのよい波止で実釣開始。薄暗い時間帯でもヒットのチャンスはあるが、明るくなるにつれてバイトが増える。

カマスは古くから漁師さんに親しまれている魚であり、私の住む南紀を含めた各エリアではフラッシャーつきのサビキ仕掛けで釣るスタイルがスタンダードとなっている。そういったことからも光ものに弱いのは明らかで日が出てからの方がルアーやジグなどのフラッシング効果が効くのでアタリが多いと考えている。

カマス&メッキゲーム 釣り方3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう