【夏のシーバスゲーム】ベイトが溜まる位置を特定して河口回りのシーバスを攻略!!

夏のシーバスゲーム 河口1

豊富なベイトが存在する河口だが、各種条件によってベイトが溜まる位置は変化する。シーバスからのコンタクトを得ようと思えば、それをシビアに見極めることが重要となるから…

解説:丸山政寅

注目したい条件

夏の北陸エリアではあらゆるフィールドでシーバスゲームが成立する。河川では稚アユのソ上に伴って上流域も狙い目となる。また、海ではカタクチイワシが接岸する時期なのでタイミングが合えばサーフや磯、そして河口で爆釣が期待できるベストシーズンだ。

僕の場合、海から最初の橋までを河口ととらえている。さらに、隣接するサーフや磯、テトラ帯なども含めて釣行プランを組み立てる。また、ひと口に河口といっても風や波、潮の干満、河川の増水などによってベイトの溜まる位置が変化する。いくらベイトが豊富な河口といえども状況判断を間違えればシーバスからのコンタクトは得られないので注意が必要だ。

ポイント選択

稚アユやイナっ子の場合は、河川が増水して流れが強くなると河口の出口に流されてヨレに溜まる。逆に流れが緩くなると河川内の馬の背、スリット、橋脚などに集まる。稚アユやイナっ子は群れで行動しているため流れが弱くなっているところに集まりやすいのだ。

また、ハゼのようにボトム周辺のベイトパターンでは、バイブレーションを使って底の地形をしっかりと把握する必要がある。特に河川側のカケアガリ付近のエッジに潜んでいるシーバスは流されてくるベイトを待ち構えている。

カタクチイワシの場合は満潮前後と朝夕のまづめどきに河口の海側をチェックするようにしている。基本的に海が凪ぐ時期なので鳥の行動をチェックすることも重要となる。

いずれにしてもこの時期の河口周辺には多様なベイトが集まっている。その中で「どのタイミングで狙うと効率よくシーバスに出会えるか?」を考えることが非常に重要となる。ベイトの動きを押さえたうえで、自分が釣行するタイミングでは河口の河川側がいいのか、海側がいいのかを判断したい。

 

夏のシーバスゲーム 河口2

河口回りはベイトが豊富なことからさまざまなベイトパターンが存在する。釣行のタイミングとベイトの動向から狙うべきポイントを特定したい。

夏のシーバスゲーム 河口3


この記事が気に入ったら
いいね!しよう