【ライトショアジギング】悪条件の中で釣果を上げるためのノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライトショアジギング 青物&根魚1

テクニカルでおもしろいスローなアプローチ。食いが渋いときはこれでボトム付近を狙えば低活性な青物に限らず、ヒラメやマダイ・アコウなどさまざまなターゲットが期待できるから…

解説:岸信直彦

スポンサーリンク

ボトム付近でサソイと食わせを両立

特別な専用タックルなどを必要とせず、ラクにアクセス&エントリーできるポイントで、安全かつ手軽に楽しめるのがライトショアジギングだ。多種多様な魚種が遊んでくれるが、私がメインターゲットとして捉えているのは、ライトタックルでのスリリングなやり取りが楽しめるハマチやヒラマサ・サゴシなどの小型青物である。

しかし、当然食いがわるいときや青物自体の回遊がないケースもある。そんなときは他魚も視野に入れたスローなアプローチにシフトすることも多いが、これがまた非常にテクニカルでおもしろい。基本的には「ジグに反応する魚は青物に限らず片っ端から釣ってやろう!!」というスタンスだが、ヒラメやマダイ・ホウボウ・カサゴ・アコウ・イサギなどが期待できる。

どこに潜んでいるか分からないそれらのターゲットを広範囲にキャストして捜すわけだが、低活性な青物や他魚はボトム付近で口を使うことが多い。ときとして水面でボイルすることもあるヒラメを除けば、ほとんどのターゲットがボトムから2~4ジャークまでのレンジでバイトしてくる。

その限られたレンジの中でサソイのジャークと食わせのタイミングをうまく組み合わせる。これにより、それまで口を使わなかった青物や他魚をヒットに持ち込むことができる。また、メタルジグならではの飛距離により、ソフトルアーやプラグなどでは探りきれないポイントにアプローチできる。

今回は20~40㌘のジグの使用を想定して話を進めるが、このスタイルは超軽量ジグを使ったフィネスなゲームから100㌘以上のジグを使用するヘビーなゲームまで応用可能だ。ショアジギングのバリエーションのひとつとして、ぜひともマスターしてほしい。

ライトショアジギング 青物&根魚2

底層の限られたレンジの中で効果的に誘えるアクションの組み合わせを考えたい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加