【チヌ&キビレ狙いのトップゲーム】知恵比べのサイトゲームを満喫

チヌ トップゲーム1

チヌ&キビレ狙いで僕が最も好きなスタイルはサイトで楽しむトップウオーターゲームだ。ヒットの瞬間はもちろん、チェイスしてきたりルアーに反応する様子を目の当たりにすると非常に興奮するから…

解説:山本典史

スポンサーリンク

好条件と悪条件

チヌ&キビレは基本的に適度な波気と濁りを好む。それらの条件が揃うポイントでは捕食態勢に入っているのでルアーに反応しやすい。さらに、流れが発生しているときや、朝夕のまづめどきはより大胆にルアーを襲う。

逆にボトムが丸見えの澄み潮で、ストラクチャーもないシャローフラット、なおかつベタナギという条件下ではかなり厳しい(澄み潮で波気がなくてもストラクチャーがあったり、ボトムが見えないほどの水深があれば警戒心が多少緩む)。

以上がおおよその好条件&悪条件であるが、実は僕が好きなのは後者だ。食い気のない個体をあの手この手で攻略するのが楽しい。確かにヒット率は低くなるが、それゆえ1匹の価値が高まってキャッチしたときは大きな達成感が味わえる。

ポジショニングとキャスト位置

まずはチヌ&キビレの姿を捜すことから始める。このとき、水面に自分の影がどこまで伸びるかを確認しておく。逆光なら水面に影が落ちないが、遠目で魚を確認しにくい。そこで、水面に影が落ちても遠くから魚を発見できる順光の状態で捜す。

そして、魚を発見したらトレースコースを考える。経験上、チヌは斜め前から接近するルアーに反応することが多いと感じており、それが実践できるポジションを取る。

キャストでは少なくともチヌから3㍍以上離れた場所にルアーを着水させる。また、ストラクチャーなどによってそれよりも魚に近い場所に着水させなければならないときは、できるだけ着水音を抑えるように注意したい。

チヌ トップゲーム2

チヌ&キビレの警戒心をあおらないように、細心に注意を払うことが重要だ。


アクション考察

アクションについては自分の中でベーシックパターンを作り、それを基準に魚の様子を見ながら調整していくようにする。僕の場合はハイピッチなショートトゥイッチである。ロッドを小刻みに動かすわけだが、糸フケをうまく使ってシャープに動かしながらも移動距離を抑え、ターゲットにしっかりとアピールしたい。

注意点としてはルアーが魚の横を通り過ぎても同じペースで足もとまできっちりと泳がせること。途中で回収してしまうとチヌ&キビレに警戒心を与えかねない。

反応がないとき、もしくはチェイスだけでバイトに至らない場合は、次投でトレースラインを前方や横などにズラして様子をうかがう。食い気のない個体は、この程度の工夫では食ってこないものだが、トレースラインに対する魚の反応をうかがうことは重要だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう