【スローピッチVS青物】釣れるアクションを導き出す方法

スロー系ジギング ブリ1

スローピッチの釣りにおいてもアプローチの正否を決める最重要項目ともいえるスピード。イメージ通りのアクションを演出するにはより細かい部分に意識を向けることが不可欠となるから…

解説:小中孝浩

スポンサーリンク

サソイと食わせをうまく組み合わせる

寒くなると近海での青物狙いが盛期を迎える。遊漁船のホームページは連日のようにブリ・カンパチ・ヒラマサなどの釣果情報で賑わうようになる。

そして、私が青物を狙ううえで最も重視しているのはスピードの変化である。ハマチやシオを狙うときは基本的に速巻きを主体とし、ときおりスローを組み込むといった感じで攻めている。魚の活性が高い状況では、巻きスピードさえ意識していればシャクらずともリーリングだけでバイトに持ち込むことも可能だ。

餌が豊富でターゲットの活性が高い場合は魚の習性に合わせてスピードを設定する。つまり、「逃げるものを追う」という習性を利用し、サソイと食わせのアクション(スピード)をうまく組み合わせることが大切だ。自身が基準としているジグの引き抵抗を感じながら、魚が反応するスピードを探っていく。

また、フォールスピードも重要な要素となる。誘い上げてから速く落とすのかゆっくりと落とすのか? そんな具合に上げ下げのスピードを調節しながら釣りを組み立てていく。

タックルバランス

ジグを操作するうえで最も重要視しているのはリールのギヤ比である。青物狙いではハイギヤ(ハンドル1回転で100㌢前後巻き取れるもの)をメーンに使用する。また、水深20~30㍍の浅場やピッチのリズムが合わないときはパワーギヤのものを選択。番手はPE2号までを300㍍ほど巻ければ十分だろう。

ロッドはスローピッチ用の6㌳前後で適正ウェートが1~4㌉程度までを使いわける。ジグを直線的に上げたいときや動きを抑えたい場合はやわらかめ、キビキビとした初動の速い動きやピッチごとに細かいインパクトを入れてジグを動かしたいときはかためを選ぶといった感じだ。

ジグについては水抜けのよさを意識している。水抜けといえば上げのアクション(ジャーク)を思い浮かべるかもしれないが、スローピッチではフォールのスピードに注目したい。

私自身はファットなシルエットのショートジグ、セミロング&ロングジグの2種を使いわけている。同じウェートでも後者の方が上げ下げともにバタつかない(水切れがよい)。そのため速巻きを入れる場合に多用する。

スロー系ジギング ブリ2

自身の戦略に応じたタックルをチョイスすることはもちろん、組み合わせもしっかりと考えて挑みたい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう