【陸っぱり青物】ハイポテンシャル・フィールドガイド《近畿エリア編 PART2》

ショア青物ゲーム・ショアジギング・青物ポイント1

潮通しがよくてベイトが寄りやすいなど、青物の回遊が見込めるポイントにはある程度の条件が必要となります。そのような条件を満たした青物の好釣り場は全国各地に存在しますが、ここでは近畿エリアの実績ポイントをピックアップ!!

日ノ岬・オオクラ(和歌山県)

オオクラは日ノ岬の沖にある大きな磯で渡船を利用して釣行することになります。青物に関してはメジロを中心に実績十分で、他にも多彩な魚種が揃います。紀伊水道のこのエリアぐらいまでは黒潮の影響を受けるので青物の魚影が非常に濃くなります。また、沖磯にしては規模が大きいので釣りやすく、とにかくベイトが豊富な点が魅力です。

例年、カタクチイワシが入ってくる6月ごろからメジロの回遊が見られます。夏はシイラ一色となり、秋には再びメジロの回遊があって年内一杯は十分に釣果が期待できます。ベイトの種類も多く、比較的長期に渡って楽しめるポイントです。

足もとから水深があるのでルアーを遠投しなくても頻繁にバイトしてきます。まずは足もとを中心に攻め、反応がなければ沖へと攻める範囲を広げていくといいでしょう。またメジロ狙いの場合、表層にベイトが確認できればトップオンリーでも十分。逆にベイトが確認できないときはジグで徹底的に底を攻めるのが得策です。

さらに、このポイントはカンパチの魚影が非常に濃いことも魅力です。足もとのボトム付近の根際で突然バイトすることがあるので気が抜けません。かなりの良型もいるようで、過去にはラインを切られて悔しい思いをしたアングラーも少なくありません。

他にも20㍍ほど沖で突然30㌔オーバーのクロマグロがベイトを追いかけて水面を割るシーンも珍しくありません。とにかく非常に高いポテンシャルを持つ磯であることは確かです。

◼️注意点…広くて釣りやすい磯ですが、斜面が多いので足もとには注意が必要。また、11月に入ればグレ釣り師に人気があるポイントなのでバッティングは避けましょう。もちろん、普段もオオクラに渡礁できる保証はありませんが、ここが混雑しても他に青物の実績のある磯があります。そのあたりの判断は船長にまかせましょう。

◼️アクセス…湯浅御坊道路・御坊インターを出て県道26号線を西進。R42号線を南下し、松原通り交差点を西へ曲がって三尾漁港へ。

◼️渡船…松永渡船(☎0738・62・2017)。事前にルアー釣りで渡礁する旨を必ず伝えましょう。

ショア青物ゲーム・ショアジギング・青物ポイント2

 


※近年は釣り禁止となる場所も増えています。釣り禁止と明記されている場所での竿出しや、釣り禁止エリアへの釣行はご遠慮下さい。
また、迷惑駐車やゴミの放置など迷惑行為につきましても、くれぐれもお控え下さい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう