【陸っぱり青物】ハイポテンシャル・フィールドガイド《関東エリア編 PART1》

ショア青物ゲーム・ショアジギング・青物ポイント1

潮通しがよくてベイトが寄りやすいなど、青物の回遊が見込めるポイントにはある程度の条件が必要となります。そのような条件を満たした青物の好釣り場は全国各地に存在しますが、関東エリアの実績ポイント《PART1》をご紹介します!!

千倉漁港(千葉県)

ショア青物ゲーム・ショアジギング・青物ポイント2

南房総エリアで最大級の漁港である千倉漁港は足場がよく、駐車スペースがあることからファミリーフィッシングにも最適です。

平館漁港と一体化しているので青物を狙えるポイントは多く、加えてスズキ・カンパチ・ハマチ・アオリイカ・メバルなど、1年を通してさまざまターゲットが狙えるのも魅力です。青物の実績はカンパチ(シオ)をメインに、ハマチ・シマアジなども釣れます。年回りにもよりますが、晩夏から晩秋は比較的安定した青物の回遊が期待できます。

ルアーは20㌘前後のウェートをメインにターゲットとの距離に応じて重さを選択するとよいでしょう。活性の高い魚が港内に入っているときはポッパーやペンシルなどによるトップゲームがおすすめです。ちなみに、シマアジはナイトゲームでアジを狙っているときのオマケ的な存在。小型ジグやジグヘッド+ワームにヒットしてくることが多くなります。

前述した通りターゲットの豊富さがこの港の魅力の1つ。朝まづめに青物を狙い、その他の時間帯は他魚を狙うなど多魚種狙いの釣行がおすすめです。周辺の港も視野に入れてランガンで大いに楽しみましょう。

なお、南房から外房エリアは青物の回遊が期待できる港がたくさんあります。事前に情報を収集し、朝まづめのゴールデンタイムを有効に活用して釣果を伸ばしましょう。

■アクセス…富津館山道・富浦インターからR128号線などを利用して南房方面へ。途中で410号線に入って千倉漁港へ。


※近年は釣り禁止となる場所も増えています。釣り禁止と明記されている場所での竿出しや、釣り禁止エリアへの釣行はお控え下さい。
また、迷惑駐車やゴミの放置など迷惑行為につきましても、くれぐれもご注意下さい。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう