フィールドガイド 須磨海岸

須磨海岸

海水浴場としての知名度が高い須磨海岸。釣り場としても1級で、サーフではカレイやキスをはじめとした投げ釣りのターゲット、突堤や漁港ではチヌ・スズキ・アオリイカなど多彩な魚種にアプローチできる。海水浴期間は基本的に竿出しできないが、それ以外のシーズンはのんびりと釣れるのがうれしい

主な対象魚 アイナメ・アオリイカ・アジ・ガシラ・カマス・カレイ・キス・サバ・サヨリ・スズキ・タチウオ・チヌ・ハマチ〜ブリ・ヒラメ・ベラ・マダイ・メバル、他

主なターゲットと釣り場

須磨港から西の須磨浦漁港にかけての一帯は好釣り場。特に須磨港沖、海水浴場沖の各一文字は本格派が集まる人気のスポットだ。また、海水浴場の浜と各小波止も意外と実績がある。ファミリーで気軽に釣行するにはもってこいの釣り場だし、渡船を使わず浜の周辺だけに通い詰めるベテランも結構多い。

場所によって多少かわりはあるが、およそ冬〜春はカレイ・アイナメ・メバル・ガシラ・チヌ・セイゴ〜スズキなど、夏〜秋はキス・ベラ・ガッチョ・アジ・サバ・サヨリ・タチウオ・アオリイカなどが狙える。一文字などではハマチ(〜メジロ)などの青物も回る。

須磨海浜公園周辺

浜は一帯にチョイ投げの穴場。夏場にはキスがよく釣れ(海水浴シーズンは早朝のみ)、秋〜初冬にはカレイも出る。また、秋〜初冬の夜釣りでは中・大型のキスやマダイ・スズキなども結構釣れている。本格的なタックルで沖の一文字との間を広く探るのもおもしろい(夏の夜もよさそうだが、禁止のはずの花火にくる人が多いので…)。

浜にある各小波止回りは結構アジなどが寄るところ。周辺の港ほどではないが、タチウオやイカ・カマスが回ることもある。アジやイワシなど大型魚の餌になる小魚が接岸すればルアーや餌木を投げてみるチャンスだ。もちろん小アジ釣りやチョイ投げで遊ぶのも楽しい。

海水浴場沖の一文字

渡船で沖に並ぶ大小の一文字に渡れば各魚種の期待度はさらに増す。ただ、各一文字の外側は両端を除くと荒いテトラ積みになっていて非常に釣りづらい。釣り座は両端(向かいの一文字の人とのオマツリに注意)、内向きをメインに考える方が無難だろう。

秋〜初冬の中・小型のイカ釣りは要注目。アオリイカの大きな群れが入っていれば数釣りができる可能性が高い。

また、同じ時期に投げ釣りのカレイもおもしろく、潮がよければ30㌢前後の良型のまとめ釣りがある。

なお、海水浴場沖の各一文字は全体に足場が低く、潮位が高いときは波が足もとを洗うことが多い。その点には十分注意してほしい。

須磨浦漁港

港内は駐車不可なので地元の自転車、バイク釣行派が多い釣り場。狙い目は海水浴場周辺や一文字と同じ。また、大波止ではフカセ釣りなどでチヌ・グレを狙うのもおもしろい。投げ釣りでチヌ・マダイ・カレイの大型が出ているところだ。

インフォメーション

駐車場 須磨海岸は須磨海浜公園駐車場を利用。料金は日によって異なる。土日祝、および7〜8月の平日は入庫後1時間400円、以降は1時間ごとに200円。平日は入庫後1時間300円、以降は1時間ごとに200円。第1駐車場は7〜8月を除く平日には1日最大料金700円の設定あり。なお、海水浴場沖の一文字へ渡る際は渡船店の無料駐車場がある。
須磨浦漁港周辺は吉川釣具店横の河本有料駐車場(078・731・5874)が便利。釣り特別料金の設定あり。事前予約可。その他、周辺にコインパーキングあり。
トイレ あり(須磨浦漁港周辺にはなし)。
渡船店 海水浴場沖の各一文字へは福田渡船(078・731・7614)。
渡船料金 1000円。
最寄りの
釣り具店
エサ光078・734・3260)。
吉川釣具店078・734・7834)。
アクセス ■車の場合
大阪方面からは阪神高速神戸線・若宮出口から直進して各駐車場へ。
姫路方面からは阪神高速神戸線・須磨出口をおりて右折。県道65を南下し行幸町4丁目交差点を右折。そのまま直進してR2・千守交差点を左折すると須磨海浜公園駐車場方面、右折すると須磨浦漁港方面。
■電車の場合
JR、山陽ともに須磨駅下車。南へ徒歩数分(エリアの東側は遠い)。

釣行にあたっての注意事項

楽しく釣りを続けるために以下の点を心がけて下さい。
①釣り場にゴミを残さない、②迷惑駐車をしない、③立入禁止エリアに入らない、④港湾作業を妨げない、⑤危険を冒さない、⑥民家の近くで騒がない、⑦ライフジャケットを着用する。
なお、釣り禁止場所や駐車の可否、各種料金などの釣り場に関するすべての情報は変更される可能性があります。釣行の際は現地の事情をご確認のうえ、指示に従って下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう