フィールドガイド 泉佐野食品コンビナート

泉佐野食品コンビナート

大阪湾では珍しい車横づけで楽しめるの釣り場とあり、1年を通してファミリー派に大人気。渡船で少し走ったところにある足場のよい沖の一文字では大物釣りもOK

主な対象魚 アイナメ・ガシラ・カマス・カレイ・グレ・スズキ・スルメイカ・タチウオ・チヌ・ハマチ〜ブリ・メバル、他

泉佐野食品コンビナートの釣り場紹介

関空連絡橋のすぐ北側にある大きな港湾で、港内一帯が釣り場となる。港内のドラムと呼ばれるところは足場が抜群。車横づけで楽しめるとあって1年を通して賑わっている。また、港をはさむように流れる両河川の河口回りもおもしろいポイントである。

港内には食堂やトイレがあるので便利なスポットといえる。

泉佐野食品コンビナートの四季の釣りもの

春はメバル・ハネからスタート。メバルは小型が中心だが、数釣れるのが魅力である。ハネはGWごろからおもしろくなる。ちょうどそのころには乗っ込みのチヌも釣れ始め、年によってはサヨリやアジの良型が回ってくることもある。

梅雨ごろからはスルメイカの新子がラインナップ。数釣りが高確率で期待できるうえ、港内で楽しめるからファミリー派にはピッタリだ。

真夏に入ると半夜のチヌ・キビレが主体。秋になればサビキが本番。タチウオやカマスも回ってくるし、グレもおもしろくなる。

一文字も要注目

渡船利用となるが、潮通しのよい沖の一文字も見逃せない釣り場である。釣りものは地方とほぼ同じだが、数・型ともにワンランク上の釣果が期待できる。たとえば、ハネは70㌢オーバーのスズキクラスが期待できるし、乗っ込み期のチヌなら年なし級もヒットする。

また、夏以降にはアジなどの小魚が波止際にたくさん居つくようになり、朝方はそれ追ってハマチがよく回ってくる。時合が短いだけに手返しのよいルアーで狙うのがおすすめだ。

冬〜春は投げ釣りでカレイ・アイナメも狙える。遠投の必要はなく、30〜40㍍付近でよくアタる。

インフォメーション

駐車場 港内のほとんどで釣り場の横にとめることができる。ただし、交通の邪魔にならないように最大限の配慮をすること。
トイレ あり
渡船店 葵渡船090・7365・0176)。渡船内にトイレあり。水曜日定休。
渡船料金 大人1,800円、中学生900円、小学生700円、小学生以下は無料。
最寄りの
釣り具店
Tポート・貝塚店0724-30-1091)。
フィッシングマックス・二色の浜店072-438-9898)。
アクセス ■車の場合
大阪方面からは阪神高速湾岸線・泉佐野北出口を出てすぐの住吉町交差点を右折。
和歌山方面からは関空道・泉佐野出口を出て直進し、関空道臨海南交差点を右折。府道29をしばらく走り、住吉町交差点を左折。
いずれもそのまま直進すると突き当たりがコンビナートの港内。

釣行にあたっての注意事項

楽しく釣りを続けるために以下の点を心がけて下さい。
①釣り場にゴミを残さない、②迷惑駐車をしない、③立入禁止エリアに入らない、④港湾作業を妨げない、⑤危険を冒さない、⑥民家の近くで騒がない、⑦ライフジャケットを着用する。
なお、釣り禁止場所や駐車の可否、各種料金などの釣り場に関するすべての情報は変更される可能性があります。釣行の際は現地の事情をご確認のうえ、指示に従って下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう