釣り公園ガイド 和歌山北港魚つり公園

和歌山北港魚釣り公園9

注意
台風21号の影響で施設に甚大な被害を受けたことによって長期間休園することが公式HPにてアナウンスされています。ご注意下さい。

気軽に釣行できる近郊の釣り場ながら大物から小物までバラエティーに豊んだ魚種にアプローチ可能。休園となる冬期以外はシーズンを問わず好釣果が上がるのが魅力です。ベテランはもとより、ファミリーフィッシングにもおすすめの釣り場です

主な対象魚 アイゴ・アオリイカ・アジ・イシダイ・イワシ・ガシラ・カワハギ・グレ・サバ・スズキ・タチウオ・チヌ・ハマチ〜ブリ・ヒラメ・マダイ・メバル、他

和歌山北港魚つり公園の概要

  • 和歌山北港魚釣り公園1
    水際にはコンクリート柵が設置されているうえ、背後が広々としているので安全です。

紀ノ川河口右岸の埋立地を利用して作られた海釣り公園が和歌山北港魚つり公園です。海岸線から約2㌔も沖合に突き出しているとあって潮通しがよく、四季を通じて多彩なターゲットが揃います。そのため休日ともなるとベテランから家族連れで大いに賑わいます。

釣り護岸の全長は約1㌔。かなり長大な護岸ですが、釣り場のすぐ裏側が駐車場とあって最奥部のポイントへも気軽に入ることができます。

釣り公園ということもあり安全面、施設面は申しぶんありません。護岸は広々としているうえ、水際には50㌢ほどのコンクリート柵があるため子ども連れでも安心です。また、入り口付近には釣り具や軽食の販売所、各ゲート(1〜6番まである)にはトイレ、自動販売機、手洗い場が設置されており大変便利です。

四季のターゲット

チヌ・グレの魚影も豊富です。カゴ釣りや紀州釣りなら両方を一気に釣ることも可能です。

春は10号程度の遠投ウキを用いた虫餌の流し釣りでメバル・ガシラが狙えます。こちらはまづめどきを中心に夜間が特に狙い目となります。

初夏から秋にかけては護岸際のサビキ釣りでアジ・サバ・イワシなどを手軽に狙うことができます。また、5月ごろには遠投サビキで5ヒロ前後のタナを探ると丸々と肥えて大変美味な中〜大アジが釣れます。さらに6月には大サバ、7〜8月にはソウダガツオが同じく遠投サビキで狙えます。

流し釣りと遠投サビキの釣り方はこちら

和歌山北港魚釣り公園5

足もとを胴突き仕掛けで探ると良型のカワハギがよく釣れます。

そして、アジなどが釣れ始めるころには飲ませ釣りの本格シーズンを迎えます。釣った小魚を餌にして狙えばハマチ(〜メジロ)やカンパチ・スズキなどの大型魚もヒットします。また、海底にはヒラメやマゴチも居ついているためブッ込み式の飲ませ釣りで狙ってみるのもおもしろいでしょう。さらに、餌のアジを調達しにくいシーズンですが、春には1㌔クラスのアオリイカが期待できます。

この他、春〜夏は紀州釣りでチヌ・グレ、夏〜秋にはウキ釣りやテンヤの引き釣りにてタチウオが期待できます。さらに開園期間を通して天秤を用いたカゴ釣りでチヌ・グレ・マダイ・イサギ・アジ・サンバソウ・カワハギ・アイゴ・メバル・ガシラなど多彩な魚種が狙えます。

おすすめ釣法

カゴ釣りならいろいろ狙える

水深が10㍍以上と豊富とあってカゴ釣りが有効です。チヌ・グレをはじめ、良型のアジ・サバに根魚など狙える魚はバラエティーに富んでいます。 

いずれも沖合10㍍と30㍍付近にあるカケアガリがポイントとなるため、10号程度のオモリをセットした遠投仕掛けで狙います。竿は3〜4号程度で張りのあるタイプがベストです。 

カゴ釣り仕掛けの詳細はこちら

  • 和歌山北港魚釣り公園4
    カゴ釣りやサビキ釣りではアミエビを用います。まとまりを持たせるために集魚材を入れるのもアリです。

チヌ・グレに関しては集魚材入りのアミエビ、それ以外の場合はアミエビを撒き餌にします。刺し餌は沖アミや刺しアミを状況に合わせて使いわけるといいですが、グレに的を絞るならイシゴカイも用意しましょう。

ウキ下は5〜7ヒロを基準に状況に応じて調整して下さい。同じタナでマダイやサンバソウもヒットするため気を抜かないようにしましょう。

カゴ釣りの一番のコツは同じポイントに投入し続けること。撒き餌を集中させることでターゲットが集まり、ヒット率が高くなります。また、むやみにサソイを入れるのは禁物です。道糸を引っ張るたびに仕掛けが手前に寄り、撒き餌と刺し餌がズレるからです。それだとアタリが遠くなるので注意しましょう。

なお、広々とした釣り場ですが、ファミリーフィッシングの家族連れも多いため、カゴ釣り仕掛けを振り込むときは後方を必ず確認して下さい。

夏場は紀州釣りが楽しい

水温が上がるにしたがって多くなる餌取りをかわしてチヌを狙うなら紀州釣りが一番です。10〜15㍍先のカケアガリを狙うのが一般的ですが、常連の中には護岸際を狙って好釣果を上げている人もいます。豊富な水深のおかげで足もとにもチヌが居ついているのでしょう。

刺し餌は沖アミでもいいですが、小ボケがあると期待度がさらにアップします。

紀州釣りの釣り方はこちら

なお、どのターゲットを狙うにしても潮がヨレやすい護岸の両端が狙い目になります。ただ、紀ノ川河口に面する1番は雨後に濁りが入りやすいという特徴があります。適度な濁りはチヌ狙いの好条件となりますが、あまりにも濁りが強いときは6番ゲート方面への移動を考えましょう。

インフォメーション

和歌山北港魚つり公園
電話番号 073-451-2866
HP http://wakayama-fising.jp
料金 入園料 ■大人(16歳以上) …1,130円
■小人(6〜15歳)…570円(6歳未満は無料)
駐車場 料金は720円。堤防の裏側にあり。
※65歳以上はシニア割引サービスとして駐車料金が無料(要証明書)
開園時間 ■4〜11月…5時半〜20時半
■12月…6〜19時半
■1〜3月…休園
トイレ 各ゲートにあり。
その他 餌、釣り具、軽食を販売する売店あり。また、各ゲートの裏側には自動販売機と手洗い場が設置されている。
最寄りの釣り具店 つり具のマルニシ本店073-432-3649)。
アクセス 大阪方面からは阪和道・和歌山北ICをおりて右折。県道139→140と紀ノ川沿いを道なりに直進。インターからは約30分。または第2阪和国道・大谷ランプ(岩出・加太)でおりて直進し、突き当たりを右折して県道140へ出るルートでもよい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう